GROUP

【最新版】緊急事態宣言による横浜市等指針に基づく横浜センター北園運営方針変更のお知らせ

2020/04/09
ロゴ

2020年4月9日

フェアリーランド横浜センター北

保護者様各位

                                                                      株式会社フェアリーランド

                                                                      代表取締役 菊地 昭博

 

平素よりフェアリーランド横浜センター北をご利用いただき、誠にありがとうございます。

4月7日付で政府による『緊急事態宣言』が神奈川県に出されました(令和2年4月7日から5月6日まで)。これを受けて、厚生労働省、神奈川県、横浜市より各保育施設に通知された内容(以下、横浜市等の指針)を当社において検討した結果、4月10日以降の開園・運営方針を以下の通りに修正することといたしました。

何卒、ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

 

 

(1)基本方針

①保育園は通常は、衛生管理・安全管理が徹底されている空間ですが、新型コロナウイルス感染予防の観点からは、『3密』の要件をほぼ完ぺきに満たしていることから、お子様、保育士等の職員、送迎の保護者様やそのご家族にとってはリスクの高い空間と考えられます。そのため、保育を実施する際には、極力少人数で運営することといたします。

なお、保育士等の職員は、高い感染リスクのある『3密』空間で懸命に勤務しており、いつ感染するかわからない不安の中、使命感のみで職務に従事しております。特に妊娠中又は妊娠している可能性が高い者もおり、保育士等職員の不安を出来るだけ低減する必要があることをご理解ください。

 

②『緊急事態宣言』発出の趣旨を十分にご理解ください。『外出しない』との強い社会的要請のもと、またコロナウイルスに対してはハイリスクな保育園に、大切なお子様を預けなければならない必要性を再度ご検討ください。

在宅勤務や休暇取得等、お勤め先の人事制度を再度ご確認頂き、お勤め先のご協力を得られないかを再度ご検討ください。

 

③どうしてもお仕事を休めず、保育を必要とする保護者様がいらっしゃるのも事実ですし十分に認識しておりますので、『3密』のリスクを可能な限り低減できるよう、万全の感染予防対策を講じた上での運営に努めます。

 

(2)横浜市等の指針に基づく運営方針の変更

①保護者様等、ご家族によるご家庭での保育の可能性をご検討いただき、令和2年5月6日まではご利用をお控えいただくようお願い申し上げます。

やむを得ない事情によりご利用をご希望の方は、当園にお電話でご相談ください。

やむを得ず保育が必要であると当園が判断した場合には『緊急事態宣言発令中の保育意思確認カード(横浜市指定様式)』のご記入・ご提出をお願いします。

 

②送迎における注意点

園児、勤務時間中の保育士、調理員、子育て支援員以外の園内立入をお断りいたします。検温、手指の消毒、受け渡しは園外で行い、保育士との必要以上の会話は控えて頂き、直ちに園入り口から離れてくださいますようお願い致します。保育の様子やご家庭での様子の情報交換はキッズリーで詳細に行います。

登降園の際に列が出来る場合は、2メートル程度間隔を空けてください。

 

③登園をお断りする症状

お子様又は送迎される方が、37.5℃以上の発熱、又は呼吸器系症状がある場合は、お預かりをお断りさせていただきます。

 

④保育途中の降園要請等

保育中に③のような症状が観察された場合は、他の園児と極力離れた場所に移動させ、保育士も一定の距離を保ち保護者様のお迎えをお待ち致します。なお、架電後1時間以内のお迎えにご協力ください。

 

 

(3)やむを得ず保育が必要な場合(受入要件)とは

①保護者様全員が自宅外へ出勤しなければならない業務を担当されているか、傷病等により育児を出来ない状態にあり、お勤め先の在宅勤務や休暇等に対する配慮がなく、保護者様以外のご家族、ご親族のご協力も得られないこと。

 

②その他当園が必要と認めた場合

 

(4)返金について

4月8日~5月6日までに欠席された場合には、日割り((月額保育料÷当該月の契約利用予定日数)(円未満端数切捨て)×欠席日数)でご返金いたしますので、4月分及び5月分は通常通り自動引き落としいたします

4月欠席分のご返金は6月分保育料、5月欠席分のご返金は7月分の保育料自動引き落としにて相殺いたします。

 

(5)運営方針変更期間:5月6日まで

以上

 

当園といたしましては、保護者の皆様のご理解とご協力を頂きながら、この難局を乗り切ることができるよう、全職員一丸となって、皆様の保育ニーズにお応えしていく所存です。

変更やお願い事が多くなり誠に恐縮いたしますが、何卒ご容赦くださいますようよろしくお願い申し上げます。